港から見える看板s_edited.jpg
IMG_2331s.jpg

Room

「屋久島で暮らす」入口へようこそ!

<重要なお知らせ>

2021年12月1日より当分の間、1週間以上の「コリビングプラン」のみとなります。
ワーケーションやリモートスタディなどの拠点として、多拠点生活のひとつとして、
或いは自分探しの場所として、まずは少し屋久島で暮らしてみませんか。
屋久島生活への扉はここにあります。
長期滞在拠点としてのおすすめポイント
・宮之浦港目の前。徒歩圏内にスーパーや飲食店が有り、車が無くても不自由しない。 
・国際ネットワークのユースホステルなので、多様な人達が集まり異文化交流が盛ん。 
・フリーWi-Fiや海に面したラウンジなど、ワーク環境が整っている。
・コミュニティマネージャーが常駐し、案内や相談に乗ってくれる。
・水道光熱費込、敷金、礼金不要、体ひとつで屋久島の暮らしが始められる。
このように、長期滞在しながら観光したり、いろんな人と出会ったり、より深く地域を知りたい方に最適なコリビング(シェアハウスタイプの宿泊施設)です。


また、もう一つの拠点 "屋久島サウスビレッジ”が島南部にあり、フリーランスなどの長期滞在者が集っています。
このネットワークの活用も魅力のポイントです。
こんな人におすすめ

・島暮らしや地方創生に興味がある。

・環境問題が気になったり、自然の近くで暮らしてみたい。

・観光業やエコツーリズムに関わってみたい。

・多様な人達と出会いたい。

・二拠点や多拠点生活を体験してみたい。

・せっかくだから長く滞在して、屋久島を満喫したい。

・自分の進路や人生を見つめ直したい。

五感を研ぎ澄まし、
共に学び、共に働く。

都会では、一人では、得られないものがここにはあります。

さあ、屋久島でコリビングしよう!

Q & A

IMG_2960s.jpg

contact

​STAFF

DSCF0147.jpg
オーナー兼マネージャー
阪根 充(ミッキー)

約20年前に屋久島に移住、以来観光業に携ってきました。 現在は、「屋久島の関係人口を増やす」を事業ミッションにゲストハウス・シェアハウス・コワーキングスペースを運営しています。 また、地域活性化のための’農泊事業’など複数のプロジェクトを有志と共に推進しています。 もともとは旅が好きな’風の人’なので、将来は’旅する関係案内所’になりたいです。
IMG_3411.jpg
コミュニティーマネージャー
鈴木 星利奈(セリちゃん)

島内からオンラインまで、教育•飲食•宿泊•執筆と興味を持ったことは仕事に!全てが本業! 千葉県出身。大学生のときに小笠原諸島の母島を訪れ、山も海も楽しむことができる島の魅力に気がつく。 離島へ移住したいという想いを抱くようになり、住みたい島の1つだった屋久島に移住。 元屋久島サウスビレッジスタッフ。 屋久島と繋がりたいと思っている人が、ベストな形で繋がれるきっかけづくりができたらと思っています。